母乳 量

母乳の量はどうのように決まるのでしょうか。

 

簡単に言うと
乳房を空っぽにするとその分が作られるということになります。

 

つまり、
赤ちゃんがどれだけたくさんのおっぱいを飲んでも、

 

母乳の量はどうやって決まる?

 

乳房の中のおっぱいがなくなると
さらにまた母乳が作られるという感じです。

 

もう少し詳しく言うと
「乳汁産生抑制因子(FIL)」という
“母乳を出すのにブレーキをかけるもの”が母乳の中にあって
母乳が出るとこの「乳汁産生抑制因子(FIL)」も出され、ブレーキがかからなくなります。

 

極端にいえば、
ブレーキがかからないうちはおっぱいは出続けるということです。

 

だから
双子であろうが、三つ子であっても
おっぱいがなくなるってこともなく、
母乳だけで育てているケースはたくさんあります。

 

逆に、おっぱいを吸われなくなって
母乳を出さなくなると「乳汁産生抑制因子(FIL)」の働きで
おっぱいが出なくなります。

 

 

おっぱいをたくさんあげたいなら
お母さんはしっかりと栄養を摂ることが大切ですね。

 

母乳の量はどうやって決まる?

 

かわいい赤ちゃんを母乳で育てたいなら…

↓↓↓↓↓

母乳の量はどうやって決まる?

 

★豊潤サジーの詳細