新生児 くしゃみ

新生児はよくくしゃみをします。

 

赤ちゃんがくしゃみをするのは理由があります。

 

鼻の粘膜が敏感

新生児はまだ生まれて間もないので
鼻の粘膜がとても敏感になっています。

 

そもそも鼻は外からの冷気やウイルスを体の中に直接入るのを遮断するようになっていますが、
赤ちゃんの鼻はまだそういった機能が未発達なため、
ほんの些細な刺激に反応してくしゃみが出てしまいます。

 

鼻毛がない

ある程度、成長してくると鼻の穴の中には鼻毛が生えてきます。
これは
外からのほこりや細菌などが体の中に入るのをガードするためです。

 

ですが、新生児はまだ鼻毛が生えていないので
わずかな刺激でも、くしゃみを引き起こしてしまうというわけです。

 

赤ちゃんの鼻は、
ほんのわずかなホコリにも反応してしまいます。

 

赤ちゃんがいる部屋ではできるだけ
ホコリを減らすようにしてあげましょう。

 

また、乾燥した空気はウイルスや細菌を繁殖しやすくします。

 

新生児がくしゃみをするのは?

 

部屋を加湿してウイルスや細菌の繁殖を抑えるようにしましょう。

 

 

かわいい赤ちゃんを母乳で育てたいなら…

↓↓↓↓↓

新生児がくしゃみをするのは?

 

★豊潤サジーの詳細