新生児 湿疹

新生児はバリア機能が弱いので
さまざまな肌トラブルが起きやすいです。

 

新生児の湿疹の原因は?

 

新生児の湿疹としては
乳児脂漏性湿疹、
おむつかぶれ、
あせも、
アトピー性皮膚炎、
食物アレルギーによる湿疹

といったものがあります。

 

こういったものは生後2週間頃から出やすくなっていて、
2歳くらいまでには自然に治ることが多いのですが、
もしなかなか治らないという場合は病院で診てもらうのが良いでしょう。

 

新生児の湿疹としてよくみられるのが以下になります。

 

新生児ニキビ

生後一週間から1ヶ月の間に出るものです。
赤いブツブツがほっぺやおでこ、顔全体にできることもあります。

 

毎日の入浴時に赤ちゃん用の石鹸か赤ちゃん用のボディソープの泡をつけて
顔をやさしく洗ってあげましょう。
すすぎはガーゼにお湯を含ませてやさしく拭ってあげます。

 

そのように清潔にしていれば生後1〜2ヶ月くらいで治ります。

 

 

乳児脂漏性湿疹

生後4ヶ月頃までに出やすいもので、
顔と頭に黄色っぽいかさぶたのようなものが出来ます。

 

お母さんの女性ホルモンの影響で皮脂の分泌が多い場合起こりやすいようです。

 

これも入浴時にしっかりと洗ってあげることが大切です。
かさぶたのようなものは、取れにくい場合、
入浴前にベビーオイルやワセリンなどを塗っておくと
ふやかせた状態になり、取れやすくなります。

 

アトピー性皮膚炎

顔や頭や耳たぶに赤い湿疹が出来て、痒くなります。

 

原因ははっきりとは解明されていませんが、
アトピー因子と呼ばれる遺伝子的に痒みを起こしやすい体質
ダニ、ハウスダスト、動物の毛、ストレス、食物アレルギーといった
アレルゲンに触れることで引き起こされる皮膚炎と言われています。

 

 

かわいい赤ちゃんを母乳で育てたいなら…

↓↓↓↓↓

新生児の湿疹の原因は?

 

★豊潤サジーの詳細