母乳 しこり

母乳を与えている授乳期間は
赤ちゃんとのスキンシップを深める大切な時間です。

 

授乳中のしこりは何?

 

ですが、中には
「おっぱいにしこりができて痛い…」
といった悩みがあるママもいます。

 

授乳中にできるおっぱいのしこりは乳腺炎の可能性が高いです。

 

乳腺炎はストレス、疲労、偏った食事などによって起きることが多く、

 

授乳中のしこりは何? 授乳中のしこりは何?

 

以下の2つのタイプがあります。

 

急性うっ滞性乳腺炎

母乳が乳腺に詰まって炎症をおこすものです。

 

乳管の狭い初産の場合や
断乳、卒乳で母乳が必要以上に多く出るようになった場合に起きます。

 

症状としては

  • しこりができる
  • 乳房全体が赤くなる
  • 乳頭に白く詰まった母乳が見える
  • 触ると痛い
  • 微熱が出る

などが挙げられます。

 

化膿性乳腺炎

乳腺が細菌感染することによって起きます。

 

赤ちゃんの口腔内細菌が乳頭に出来た傷から入って感染して起きる場合と
急性うっ滞性乳腺炎が悪化して起きる場合があります。

 

症状としては

  • しこりができる
  • 全身の震えと悪寒
  • 乳房の激しい痛みや腫れ
  • 血の混ざった膿や母乳が出る
  • 高熱が出る

といったものが挙げられます。

 

 

かわいい赤ちゃんを母乳で育てたいなら…

↓↓↓↓↓

授乳中のしこりは何?

 

★豊潤サジーの詳細