母乳 生理

母乳をあげていると生理が来ないと思っている方もいるかもしれませんが、
授乳中でも生理は来ます。

 

当然、排卵もしますし、妊娠もします。

 

 

授乳中、赤ちゃんがおっぱいを吸う刺激によって
「プロラクチン」というホルモンが分泌されます。

 

プロラクチンは排卵を抑える作用があるので
生理になりにくくなります。

 

ですが、子宮も産後の疲れから回復してくると
また排卵の準備をし始めます。

 

通常、授乳を頻繁に行っているとプロラクチンによって
排卵が抑制され、生理になりにくくなっていますが、

 

1日の授乳回数が少なかったり、
授乳時間が短かったり、
おっぱいの詰まりなど、

 

いろいろな要因によって
プロラクチンの分泌が抑えられて生理が来ます。

 

生理が来ると母乳量が減って赤ちゃんがおっぱいを吸わなくなった
勘違いする人もいるようですが、

 

母乳をあげていると生理は来ない?

 

生理が来たということは
“体が授乳に適切な状態になっていない”
と感じたということになるでしょう。

 

つまり、
おっぱいに詰まりがあったり、
授乳回数が減ってしまっている場合が多いようです。

 

 

もし、授乳中にも関わらず生理が来たとしたら
母乳マッサージをして乳管を開くようにしたり、
食生活を野菜中心にしたりして

 

質のいい母乳が出るように心がけてください。

 

母乳をあげていると生理は来ない?

 

かわいい赤ちゃんを母乳で育てたいなら…

↓↓↓↓↓

母乳をあげていると生理は来ない?

 

★豊潤サジーの詳細