母乳育児 ストレス

ほとんどのお母さんは、
生まれてきた赤ちゃんを母乳で育てたいと思うようですが、
実際に母乳育児に取り組むとなかなか大変で
ストレスを抱えてしまうという人もいるようです。

 

母乳育児ってストレスが溜まるもの?

 

まず、何が大変かというと
初めて赤ちゃんにおっぱいを吸われることで
乳首が痛くてヒリヒリしたり
場合によっては擦り切れてしまうということがあります。

 

ちゃんと母乳を与えられたとしても
赤ちゃんは46時中、気が向いたらおっぱいを欲しがります。

 

母乳育児ってストレスが溜まるもの?

 

当然、お母さんはつきっきりとなり
寝不足、疲れが溜まってきます。

 

もし、帝王切開で産んだ場合だと
傷口もまだ痛むのを我慢して起きて
赤ちゃんにおっぱいをあげなければいけません。

 

 

もし、ミルクを与えるとなると
誰かが代わりに哺乳瓶で与えることもでき、
その間にお母さんは休むことができるでしょう。

 

 

そのように考えて
母乳育児をとてもストレスの溜まることだと
捉えている人もいます。

 

 

ですが、
本当に母乳育児はストレスが溜まるものでしょうか。

 

母乳育児ってストレスが溜まるもの?

 

個人的な意見かもしれませんが、
私には、そうは思えないんですよね…

 

自分の分身のようなかわいい我が子を
自分の母乳で育てるって
自分しか出来ないことです。

 

代わりに誰かが母乳で育ててくれるっていっても
嬉しいですか?

 

確かに子育ては大変でしょうが、
できればやっぱり
自分の母乳で育てる喜び
何にも代えがたいものだと思います。

 

 

それと、科学的にも実証されていることですが、
母親が授乳でおっぱいの先を刺激されると
脳下垂体からプロラクチン、オキシトシンというホルモンが分泌され、
脳の視床下部にある母性の中枢が刺激され
母性をくすぐるそうです。

 

つまり、赤ちゃんにおっぱいを吸わせることで
より赤ちゃんをかわいいと思うようになるということです。

 

母乳育児ってストレスが溜まるもの?

 

かわいい赤ちゃんを母乳で育てたいなら…

↓↓↓↓↓

母乳育児ってストレスが溜まるもの?

 

★豊潤サジーの詳細