母乳育児 痛い

母乳育児をしようと思っていたけど、
いざ赤ちゃんが生まれておっぱいを吸われると
痛くて我慢できなくなった…

 

そして、母乳育児を断念。

 

なんていうことも少なくないようです。

 

母乳育児で乳首が痛くなるのはナゼ?

 

そもそもおっぱいの乳首というのは
普段はブラジャーに覆われて、
あまり触れられることの少ない箇所です。

 

赤ちゃんが生まれたという日を境に
一生懸命に吸われるわけです。

 

今までそのような刺激を受けてきていないのが、
突然、そうなると痛くてひりひりしたり、擦り切れたり…
といったことが起きたりします。

 

そうならないために
普段から鍛えておく必要があります。

 

家の中ではノーブラで過ごすようにしたり、
もみほぐして柔らかくしていると
擦り切れたりしなくなります。

 

赤ちゃんが生まれる前にちょっと意識するだけで
母乳育児はカンタンなものになります。

 

母乳育児で乳首が痛くなるのはナゼ?

 

 

かわいい赤ちゃんを母乳で育てたいなら…

↓↓↓↓↓

母乳育児で乳首が痛くなるのはナゼ?

 

★豊潤サジーの詳細